プロムスで利用できるローンの金利

business-163501_640

カードローンなどを利用する時に非常に気になるのが金利です。この利率の違いにより毎月返済する金額や元金の返済額も大きく異なっていきます。

消費者金融会社のなかにはいろんなローンを提供している会社があります。そのローンごとに利息の利率も異なることがあるので、どのカードローンを利用するのかはっきりと決めておく必要があります。

この時に気になるのが、利用可能額と利率になります。しかし、利用可能額は通常年収の3分の1決められているため注目したいのは利息の利率です。

多額のお金を借りている場合には返済する時の利息も馬鹿にならないものです。利率が低くなれば負担する利息も少なくてすみます。

契約するカードローンの種類により異なる場合には目的や利用に応じたカードローンの申し込みを行う必要があります。  

プロミスで利用できるカードローンは数種類用意されています。その中でも一般的に多くの人が利用するのがフリーのキャッシングに該当するカードローンです。

このカードローンの特長は、申込時に決められた限度額の範囲内であれば何度も借り入れすることができる様になっています。また、初めて契約をして利用する場合でスマホなどのアプリを活用した申し込みをすれば借り入れた日から30日間無利息のサービスが適用されます。

この期限内で返済をすれば利息の必要のないカードローンを利用できることになります。

このカードローンの申し込みについてもパソコンやスマートフォンからも申し込みができる利便性があります。利息の利率についても4.5%から17.8%に設定されています。

女性が利用できるレディースキャッシングのカードローンがあります。これは女性専用のカードローンとなっており主婦や学生であってもパートやアルバイトの安定所収入がある場合には申し込みできるものです。

対応するオペレーターも女性が行う廃業しています。レディースキャッシングも一般的だカードローンと同じ利率になっています。  

最近利用が増えているのが借り換えのローンです。プロミスの場合にはおまとめローンと呼ばれるもので、複数のカードローンがある場合にはこちらのカードローンを利用することで一本化することができます。

しかも、このローンは、総量規制の対象外となっているため利用できる人が多くいます。このカードローンの利率については6.3%から17.8%になっているので少し利率が高いカードローンとなります。

自営業者が活用できるカードローンもあります。スピード審査を行っているので当日の利用も可能な入試となります。事業資金だけでなくプライベートな資金にも利用できるので、個人事業者がお金を必要とする場合にはこちらで利用できるカードローンです。

この利息の利率は6.3%から17.8%になっているので若干利率の高い融資になります。

普段の生活のために利用できるローンがあります。目的ローンと呼ばれるもので、生活費に使用できるものです。

生活費に利用できるカードローンですが、利息の利率は6.3%から16.5%なので、上限の利率が他のカードローンと比較すると少し低くなっています。  

これらの中から該当するカードローンの申し込みができます。金利については、借り入れの限度額により変動しており実質年率については4.5%から17.8%の設定となります。

信用度に応じて利率が変動することや決定されることになります。